年齢と睡眠障害について

年齢を重ねると睡眠に関する悩みを持つ人が多くなってくるみたいですね。
睡眠障害と言っても眠れなくなるような不眠から寝すぎてしまう仮眠まで
いろいろとあるのですが年齢を重ねることで睡眠障害を抱える人が多い理由に
生体リズムの低下という問題があるそうです。よく歳を取ると早寝早起きになると
言われていますがこれが典型的な例かもしれません。生体リズムが低下するのには
原因があって体を動かすことが少なくなったりすることもその一つと言われています。
しっかりとした睡眠を取るためには適度に体を動かすほうがいいでしょう。
これは健康という面で考えても大切なことですよね。家の中にこもって
じーっとしている状態というのが一番良くないそうです。積極的に外に出たり
人と関わることで本来の整体リズムを低下させることなく生活できるそうです。
現在5人に1人は睡眠障害を抱えていると言われていますが年齢を重ねると
この割合もきっと高くなってくるでしょう。そうなる前に早めに手を打ちたいですね。

Comments are closed.