本物を使っている個人輸入業者の見分け方

医薬品の個人輸入をする際に気になることと言えば本物かどうか?ですよね。
今では数多くの個人輸入サイトがあって設定されている値段も様々ですが、
どれだけ安くても扱っている医薬品が偽物であれば全く意味がありません。

そこで、偽物がどうか見分ける判断方法を一つ紹介します。
まずインターネットで製造が中止されている医薬品を探してみましょう。
例えば、この記事を書いている時だとED治療薬のレビトラが製造中止になっています。
特にレビトラのように一つの工場でしか作られていない医薬品が製造中止になると
当然世界中で大規模な在庫切れ・欠品状態となります。
もちろん病院であったとしても仕入れることはできません。

そんな中、レビトラを販売している個人輸入サイトがあったら・・・。
確実に偽物を扱っていると言えます。

もちろん、製造中止になっても2ヶ月ぐらいは在庫を販売していることも
考えられますが、さすがに半年以上も前に製造中止になっているレビトラを
販売している個人輸入サイトは偽物を扱っている可能性が限りなく高いです。

反対に、レビトラが品切れ中になっている個人輸入サイトはその他に
扱っている医薬品も正規品である可能性が高いと言えるでしょう。
そう考えるとベストケンコーみたいな個人輸入サイトがおすすめです。

参考:ベストケンコーの評判とお得なクーポンコードまとめ

Comments are closed.