Archive for 1月, 2014

プッチンプリンがギネス記録に

カップの底に付いているつまみを折るとお皿の上にプリンが出てくる
ことでお馴染みのプッチンプリンが世界一売れているプリンということで
ギネス記録に認定されたみたいですね。本当にギネス記録にはくだらない
ものも登録されるんだなと思ってしまうのですがこれは誇りになるのでしょうか?
そもそも海外でもプリンって人気なんですかね?あまり見たことがない
ような気がしますが。確かにプッチンプリンというアイデアも素晴らしい
のかもしれないですがそれよりも当時のCMがかなりインパクトのある
ものだったような気がします。あのメロディーは大人になっても忘れる
ことはないでしょうね。子供の頃はよく皿の上にプリンを落としていた
ことを思い出しますね。今考えるとなんでわざわざ皿の上に出す必要が
あるのかと疑問に思ってしまうのですが親戚の子供を見ているとプリンに
限らず中身が出せるゼリーは必ずと言っていいほどまずお皿の上に
出してから食べるというのが一種の習慣のようになっているみたいです。
ちなみに世界一売れているプッチンプリンを一番多く作っている工場は
佐賀県にあるみたいですね。グリコの中でも特別な工場のようですね。

自分の車に合ったHIDライトを探す

自分の車のライトをハロゲンではなくHIDにしている人もいるでしょう。
賛否両論ありますが一般的にハロゲンライトをHIDライトにすることによって
ライトが明るくなったり、消費電力が少なくすんだり、寿命が長いので交換の
必要が当分なくなるというようなことが挙げられます。
中にはドレスアップを目的として導入している人もいることでしょう。
ハロゲンライトからHIDライトに交換するためにはキットを購入する必要が
あるわけですがどのようにして選ぶかというとまずは自分の乗っている車の
バルブの形状を確認して、それにあったHIDライトを購入します。
このバルブの形状が合っていないと交換をすることができません。
しかし、バルブの形状が合っていれば大丈夫というわけではなくHIDライトは
ハロゲンライトよりもガラス管が長いので車種によっては取り付けることが
できないという場合があります。
そういった問題を解決するためには車種別の適合表を見るといいでしょう。
HIDライトの販売大手のスフィアライトのサイトでは車種別の適合表や
バルブ寸法表を見ることができるので間違った商品を手にする心配はありません。

探偵と話した

ちょっと機会があって探偵をやっている人に話を聞く機会があったのですが実際の
探偵の仕事って結構キツイというか地味というか大変だということがわかりました。
特にテレビなんかだと尾行とかってただ人に付いていくだけなので簡単そうに見えますが
相手に警戒されないようにだとか見失わないようにするのは結構難しいのだそうです。
別に逃げている人を追うわけではないのでそんなこともないんじゃないかと思いますが
気付かれずにという点で考えるとそっちのほうが難しいのかもしれないですね。
相手が車に乗った場合の追跡も結構難しいというか危険が潜んでいて追わなければ
いけないので無茶な運転なんかも多いそうで事故を起こすこともあるんだそうです。
よく自分で探偵の真似事というか尾行とかしようとする人もいますが仕事となると
訳が違うということなんですかね。
機会があればどんな感じで調査してくれてどんな結果が出るのかも知りたいのですが
そこまで必要なこともないですし結構な金額がかかるので興味本位では手が出せないですね。
もうちょっとリーズナブルな探偵があれば一度は何かを依頼してみたいですね。
探偵 依頼 料金

じまつ毛の正しい漢字とは?

目元の印象を決める際に重要になってくる顔のパーツがまつ毛です。
そのまつ毛を少しでも良く見せるために行われるのがまつ毛エクステや付けまつ毛です。
それでもってそういうことをしていないまつ毛のことを「じまつ毛」と呼ぶわけですが
果たしてこのじまつ毛にあてる漢字としては「地まつげ」と「自まつ毛」のどちらが正しいのでしょうか?
まあ特にどっちでなければいけないということでもないのですが文字にする時にふと
どっちなんだろうと疑問に感じたのでちょっと調べてみました。
先に言っておくとどっちを使っていても恥ずかしいということはありません。
なぜならサロンだとか専門家が使う「じまつ毛」の漢字が両方あるからです。
なので間違っているから恥ずかしいというよりもどっちを信じるかという問題ですね。
それで美容とかそういうものではなく国語的な観点からいうと「地まつ毛」が正解です。
ただ全体的に見た時にこっちが使われているケースのほうが少ないような気がしますね。
本来の意味からすると「地」が正解なのですが話として使われている場合は「自」のほうが
しっくりするという人も多いと思います。
まあどちらでもいいと思いますが一応正解は「地まつ毛」だと言っておきましょう。
地まつ毛を増やすまつ毛美容液

仕事がはかどらない時

なかなか仕事がはかどらない時ってありますよね?
そんな時はどんな面倒でもやりたくなくてもとりあえず何かしてみることが一番だと
自分の中で思っていたりするのです。
それもなるべく形に残るようなことをするのがベストですね。
どうしても実際に行動することと考えることに分かれると思うのですがそういう時に
考えることをやっていると結局形に残らないし、そういう時はそんなにいいアイデアを
思いついたりすることないのでとりあえず地味なことを数こなしてくほうがいい気がします。
これを自分に置き換えるとやる気が出ない時はひたすらに記事を書いています。
まあ記事を書くのも考えることの一部だと言われてしまうとどうしようもないのですが
この今書いている文章のようにどうでもいいことを書く分には考える必要はないのです。
こんなものは文字数だけあればいいので内容なんてどうでもいいわけでそれでも
利用価値は出てくるというのが一番のポイントなのかもしれません。
言うなら準備運動のようなもんですね。
必ず一日の最初にやる作業でもあります。
これをすることで脳の準備が整って考えることがスムーズにできるようになります。
また仕事をすることが面倒になってもなんとなく作業をしていると面倒の向こう側みたいな
境地にだんだん入ってきてもうちょっとやろうみたいな精神が生まれてくるのです。
いつも50ぐらいから始めることができればいいんですけどそれはないですからね。
いかに最初の段階をこなしていくのかが重要だと思ってます。

本の出張買取

本の買取って昔は店舗まで持っていかなければ行けなかったのですが
最近はインターネットで手配すれば家まで取りに来てくれるので便利ですね。
それによって評価額が減額されたり手数料などのお金がかかると思っていた
のですが全くかからずに集配も素早くて驚きました。
今回は引越しをする際に読まない本は大量に処分しようと思っていたので
まとめてみるとなんとダンボール4箱分にもなっていました。
さすがにこれだけの量になると実際の店舗に持っていくのは不可能だと
思って出張買取にすることにしました。始めて利用したのですが便利すぎて
驚きましたね。でも査定金額はちょっと微妙だったかも。まあ誰でも
知っているブックオフに頼んだので仕方がないんですけどね。
よく調べてみると古本の買取をしてくれる業者は他にも沢山あって
本の種類によっても買取額に差が出るようなところもあったのでそっちに
頼んでおけば良かったとちょっと後悔していますが部屋はスッキリしたし
多少はお金になったので満足ですね。